破壊された街

海外旅行に行く前に調べておこう、巻き込まれたら終わりと思うべき!

日本の治安は良いですが、他国は他国で考え方も違う

携帯カメラ

日本にいると治安が良いので、お店の前に簡単に盗れるような場所に商品が置いてあったり、バックや携帯も手元から離してもまず盗まれることは無いでしょう。

それどころか落し物が交番に届けてある事の方が多いはずです。

 

世界には日本ではあまりない犯罪が頻繁に起こる場所もあります。日本人はお金を持っているイメージのある外国の方も多いようです。

 

紛争地なども、簡単にですがご紹介!

紛争地(戦争・内戦・海賊)

戦闘機

  • シリア
  • アフガニスタン
  • イラク
  • イエメン
  • リビア
  • 南スーダン
  • ソマリア

他にもありますが、旅行で行かないと思いますが気をつけてください!

 

 

紛争地じゃなくても危険な国(軍事・窃盗)

手錠

  • ロシア
  • スペイン
  • イタリア
  • フランス
  • ベトナム
  • オランダ

注意点

バックは後ろに背負わない!鍵をかけるなど後ろポケットに財布や携帯を入れない。

自撮り最中にバックを盗られた!

自撮棒ごと盗られた!写真撮影をお願いしたら走って逃げた!なんてことも。

 

現地の人が声をかけて来た、物を落としたなど気をそらして盗むことも!

スリは集団が多いので、人気がない!逆に人が多いなどは危険です。貴重品は簡単に取れれないところに隠しておきましょう!

他にもまだまだ観光客が狙われる国は多いです。観光する際は事前にしっかり調べてください!

 

危険な国(不正逮捕・マフィア)

  • 北朝鮮
  • 中国
  • メキシコ

滅多にありませんが、今でも問題になっており国同士により喧嘩で人質される逮捕者がいます。人権侵害と不正により死刑されたりこともあります。

マフィアの戦争は巻き込まれることもあるかもしれませんが、危険だと思ったら部屋にこもっておいた方が良いでしょう。情報が一番大事ですので、記事などを見てみましょう。

 

もしも、そうなったら?

パスポートなど盗まれた場合は自国の大使館に尋ねましょう。盗まれた時点で楽しい旅行は終わりと思いましょう。

守らなければならないことを疎かした、自分は危険な目に合うことを旅行してはならないからです。自己責任と言います。

政府が何とかしてくれると思っているなら行かない方が良いでしょう。政府が行うのは人間であることと、限界もあります。