大気汚染の街

新型コロナウィルスの感染を広げているのは習慣がない人災だった

新型コロナウィルスの感染を広げている原因は、感染者が出た中国の教育である、手を洗う習慣がないよるものです。中国人は、衛生管理が十分な知識がなく、ずざんな生活が多いことから、世代に続いています。感染の原因になっていると思われる唾液が、手につけることをみていいでしょう。
これを重く見た、中国政府は、誤魔化しきれずに各国の通達が遅れてしまい、対策が出来ずになっています。

 

 

中国人の教育に手を洗う習慣がない

感染を防止する為に、マスクを装着する中国人が見かけています。しかし、中国人の教育には、トイレから出たら手を洗う習慣がなく、コロナウィルスの予防になっておらず、欠点になっているようです。
中国の銀行で、銀行員が性病になったと報告されています。原因はお札に感染していたと判断されています。手を洗わない事から感染予防になっていないと思われます。

 

中国の政府による隠蔽工作

過去に新型コロナウィルスが発病した時に、感染者が多くいたと思われていたことがあります。これは、中国の政府による不都合な理由で、隠蔽工作を行い各国を騙し続けていたが、奇跡的に終息を宣言されました。
今回は、中国政府は重く見た結果に各国通達されましたが、感染者が多くに遅すぎることで、対策の準備を出来ないまま各国では見送られています。

 

儲けなら騙しても転売する

新型コロナウィルスはコウモリから感染ですが、中国人はコウモリを食べるというわけではありません。中国で売られてるいる食材は、それがコウモリだということが分かっていない人が多いのです。儲けする為なら、転売を行うのが彼らのやり方であり、その食材が何があるのかを騙すほどのやり手です。
コレラ菌を感染した豚を転売するマフィアまで存在しているので、コウモリまで手を出していると断言できることです。

 

環境汚染は疫病が出てきてもおかしくない

新型コロナウィルスはコウモリから由来ですが、環境汚染による新しいウィルスを生まれてもおかしくないのが、今の中国です。
ウィルスを持つ動物達の中では、変化を起こしていたらどうしようもがありません。何故なら人間も薬品で、体の中には耐性菌になると医療の世界では、常識になっているからです。

 

教育による習慣があれば、防ぐということは難しくありません。新型コロナウィルスは空気感染はありませんが、感染する原因が中国人による衛生管理が、十分ではないと思われます。
そして、政府による隠蔽工作したことで、感染者が多くいると見て、世界から批難されています。
マスクの装着で接客するなとクレームさえありました。しかし、一度感染したら死ぬと言われているので、誰でも怖いものです。感染したら、仕事ができず生活もできなくなるので、クレームをしても感染防止には、意味がないでしょう。

コウモリは唾液で相手に感染させると見て、人も唾液による感染を広げているではないのかと考えられます。唾液を手を触れるのは、よくあることなので対策できるはずです。
仕事の時に、日常生活の時に触れた手は。食事する前に手を洗うことが大事です。