情報を知る

海外の旅行中に戦争が始まった場合にどうすればよいのか?

海外の旅行中に国同士が戦争をすぐにやるわけではありません。戦争はあくまで最終手段であり、その前に警告や経済的な制裁の段階を踏んでお互い譲れない状態や収集できなかった場合に戦争が開始されます。一度の戦争が始めたら、いつ終わるのかはわかりません。
戦争を行う国に旅行していた外国人は自分の国に強制帰国することになります。そのために旅行会社が大使館や外務省と連絡や連携を取り合ってあらゆる手段で対象地域の方に連絡して安否確認を行い強制帰国のサポートをします。戦争が始まった場合でも連絡や安否確認を行いますが、状況次第で出来なくなることもあります。
戦争では緊張感がもっとも高く、いつ攻撃されてもおかしくない状態になるため連絡の遮断や帰国させる航空機を飛ばせるのを制限されます。そのために素早い行動が大事です。

 

 

戦闘機

イランとアメリカの戦争が開始?

ニュースでは、アメリカがイランの司令官を狙った暗殺の攻撃が始まりでした。その代わりにイランの最高指導者が報復の宣言で、アメリカの基地にミサイル着弾され死者が出ることになり、一触即発の状態になりました。お互いの主張で譲れない状態になり、強制帰国を開始するかもしれません。
お互いの国の代表は戦争を求めていないと見ていますが、状況によって国民や兵士たちが過激になれば収まりつかない状態にも危ぶまれています。すでに情報戦になっており連絡を取り合うのが難しくなりつつあります。

 

 

救出する兵士

何故、強制帰国が必要か?

帰国すれば家族と会えて安心できるようになりますが、帰国せずに残る人がわずかな人もいます。戦争する国に残るのは救助や手伝いたいことの理由が様々ですが最悪になることもあります。
最悪なのは、戦争による人質にされてしまうことです。そのようなことにならないと断言できる訳ではなく危惧されていることを知っておくべきです。戦争状態での人質を救出は、ほぼ無理なので救出する人にも家族がいる為、危険にさせるようなことはするはずがありません。
また、自己責任だとわざわざ残る人が人質になって、救出する人にも危険になるので死なせた場合は重大責任を背負うことになります。

 

 

いつでも世界の情報や連絡を取れる状態にしよう

世界の情報は、常に配信されておりネットワークであらゆるのサイトに情報を見る事ができます。情報と言っても、それが事実とは限らないのでデマなのかを自分で考えていかなければなりません。鵜呑みすると酷い目に遭うこともなりデマとして流す人は、国によって犯罪になることもあります。
海外へ行く際は必ず、外務省が運営するホームページのたびレジに登録しましょう。テロ・事件・戦争などが起きた際に、いち早く安否確認と避難先の連絡が入ります。常に連絡を取れる状態にして、大使館・外務省が安否確認した後に帰国サポートを行います。