人口が多い中国

中国で謎の新型ウィルスが発生した原因

新型ウィルス発生か

ニュースでインフルエンザのウィルスは発生してから、世界中に広がるほどの猛威に様々な人を苦しめて、感染を広げないように隔離するはめになっています。2020年に謎のウィルスが出たというニュースを最近やっています。謎のウィルスはコロナウィルスと言われて新型のようです。
謎のウィルスは中国からの感染者が出ていているようですが、過去に発生したSARSコロナウィルスは中国からの第一目感染者で、問題なのは当初中国当局により大規模な隠蔽工作が長期にわたって行われ、また検出が技術的に困難だったので、感染者の実際はこの数字よりも多いと考えられています。

SARSコロナウィルスはオランダのエラスムス医療センターの遺伝子解析で新型コロナウィルスだと判明されています。中国に旅行する人は、むやみに動物に触らない事を勧めます。コロナウィルスを持っている動物はコウモリで、感染した豚や牛が弱っているのを分かっていても、処分せず転売している人が多く、蔓延していると言われています。

 

コロナウィルスとは

コロナウィルスは、コウモリ由来のウィルスで食事を求める為に、他の動物を噛んで吸血します。噛まれた際に唾液に含むウィルスも与えているので、大型動物も感染しているということです。
新型コロナウィルス場合は感染源や感染方法は調査中ですが、色々調べて分かっているだけで、人から人への感染は可能性が高いようです。

 

コウモリが持つウィルスは人類とって危険なもの

コウモリが持つウィルスは多くて、人に感染するものも含まれています。死者を多く出した、エボラウィルスもコウモリが持つウィルスです。
エボラウィルス場合は、そこに住まう人は焼いたコウモリを食べていることが多くの人がいて、動画も残っているようです。コウモリの持つ他のウィルスは狂犬病も持っています。

 

感染しない為にはどうすればいいのか

コロナウイルスについて、手など皮膚の消毒には、消毒用アルコール(70%)が有効だと考えられています。一般の場所で、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効だと考えられています。
ヒトから感染は可能性があるので、海外旅行でもマスクを装着や手洗いを行い守るしかありません。感染は唾液による飛散で、言葉の発言する時の飛散可能性が高いようです。