渡航する飛行機

新型肺炎コロナウィルスで海外へ渡航は自粛するべきこと

世界で騒がせている、新型肺炎コロナウィルスは感染経路が分からず、感染を広がり続けています。感染者が出る度に、ニュースにもなって不安する人が多くいるようです。不安から暴力を振う人が増えている為、外出や渡航を控えておくべきでしょう。原因である、新型肺炎コロナウィルスや人災で起こった事件をまとめてみました。

 

 

新型肺炎コロナウィルスの感染経路が分かっておらず悩ませている

新型肺炎コロナウィルスに感染したと、病院から陽性と診断されたらニュースに人数を報告されています。感染者は、住んでいる場所が遠く離れているの関わらずに、感染したと多くの話題になっています。

今でも、どのように、どこで、接触したのかを調べても、感染経路が分からないままです。感染した場合は、その場に円のように広がるとイメージがありますが、新型肺炎コロナウィルスの場合は、どこもバラバラに感染してるようになっています。

一つだけ気掛かりなことは、新型肺炎コロナウィルスの初期の頃には、中国人は海外に渡航していましたが、観光するように見えて突然、行方不明になることがあります。これは、稼ぐ為に海外で就職する不法滞在する人のことですが、彼らが彷徨っていたら?と考えて見ました。

 

 

新型肺炎コロナウィルスの蔓延でアジア人に対する差別が増えている

新型肺炎コロナウィルスの猛威で、中国では死者が2000人以上もなり、世界中からの国は入国制限を宣言されていました。しかし、中国だけではなく、日本や韓国も対象となり感染者が増えている事で宣言されました。

入国制限は別として、その国に住まう国民は、新型肺炎コロナウィルスはアジア人が持っていると不安から、妄想を抱き差別するようになっています。彼らにとっては、感染の恐怖で不安するのが分かりますが、差別から暴力に振るう人までも出ており、ニュースにもなりました。

アジア人に対する差別したところで解決にもならないようですが、暴力まですることは知能が低い無知の行動なので、話し合いで回避できないと思っていいでしょう。暴力する人は、新型肺炎コロナウィルスの感染の言葉で、単純に囚われていることなので、細かく調べてることはしてないでしょう。

 

 

海外旅行や出張で追い出されて帰国することになる

新型肺炎コロナウィルスの猛威で、死者が出ており感染者が多い国からの、入国は許可は出来ず帰国されることになります。蔓延したことで感染者が増えているのは事実に、国のリーダーは経済的の不安もありながら、厳しい決断だと言えます。

そして、有名な祭りごとであるイベント開催も中止することを宣言しているので、例え入国してたとしても、イベントがやっていないと無理に入国するのは意味がないでしょう。

 

 

治療法のワクチン開発は?

今も、中国がワクチンを開発しているとなっていますが、人々に行き渡せるまでは時間がかかると思っていいです。ワクチンだけではなく、ある食べ物でも予防できると話題もあります。その食べ物とは海藻で、ウィルスの増殖抑制する効果があると言われています。

新型肺炎コロナウィルスは、自ら分裂ではなく他の細胞に突起してる部分を挿しこんで、DNAを送り込んで複製させるのものなので、差し込みを防げれば増殖抑制になるのではないかと思われています。ウィルスの増殖を抑えないと、免疫細胞がサイトカインの過激生産になるので、死亡率が高くなります。

 

体温計

体温を下げないように-1度でも下がれば免疫力30%ダウンする

人の体温は平均36度で保たれています。私たちが今の体で、体温が下がっていても、あまり認識せずに生活を過ごしていると思いますが、体内の細胞は悪影響を及ぼしていると知っておかなければなりません。

細胞は、単純に変わりやすいものです。食料に聞く冷凍食品を考えて見ていると、冷凍するのは菌を増やさずに長持ちする為にするのが冷凍食品の常識です。その菌でも細胞ように小さく、温度が低ければ動きにくいもので冷凍にすると増殖しないこととなり、分かりやすいものです。

これを、人の細胞と同じように、体温35度に下がると免疫細胞は動きにくくなり、体温33度以下は免疫細胞は動いていないと思ってた方がいいでしょう。免疫細胞にはエネルギーが必要なので、栄養分を含む食事も大事です。これらをしっかりして、体温上げると免疫力が高くになります。