コロナウィルスの感染によるサイトカインの増加で危険な状態になる

ヘルパーT細胞

コロナウィルスの感染は重体になる恐れがありますが、コロナウィルスの侵入よって体内で起きている原因が重体にしているようです。その原因がサイトカインという細胞から分泌されているタンパク質で、サイトカインストームとも呼ばれている過剰生産になっていることです。
サイトカインの過剰生産は、全身炎症や多臓器不全など起こり、最後は死亡します。サイトカインストームを一度起きてしまうと、病院から治療を受けなければ収まることはありません。病院に検査を受けずに、そのままにしていると最後は体を動けなくなり、何もできない状態なるので、手遅れになる前に早く病院に行くことが大事です。

 

 

サイトカインとは

サイトカインは、免疫細胞の活性化や抑制における重要な役割を担っています。また、細胞同士の連絡を取り合っていることにもなっています。サイトカインの分泌を働くのは、ウィルスの侵入や薬品による影響で免疫のバランスを保たれています。
しかし、サイトカインの分泌は過剰生産されることがあります。サイトカインの抑制は、指令を出す役割のヘルパーT細胞と呼ぶものが何がの原因で悪くなると、抑制するバランスが崩れてしまい、サイトカインの分泌が止まらなくなり危険な状態に進みます。
ヘルパーT細胞は、様々な種類がいるのでバランスを保たれなければ、病気になると言われています。

 

 

サイトカインの過剰生産する原因

サイトカインの過剰生産になる原因は、ウィルスの侵入で長く病気が続いてバランス崩れたか、薬品による過剰な摂取による、薬は飲み過ぎると毒になると言われている行為です。サイトカインの過剰生産の事をサイトカインストームと呼ばれていて、過剰生産になると免疫細胞は、自分の臓器まで攻撃するようになっていきます。これが多臓器不全になります。
薬品だけではなく、サプリメントを飲み過ぎもサイトカインの分泌はあります。サプリメントの栄養を過剰摂取やウィルスの侵入に感知された、肝臓は急性期反応を起こしIL-7という急性期タンパク質を、ヘルパーT細胞に直接作用することでその機能を増強して感染や自己免疫疾患を制御するサイトカインが分泌されていきます。

 

 

サイトカインによる全身炎症は死亡率は高い

コロナウィルスの致死率は2.3%しかないのに、何故死亡する人が増えていくのか疑問に思いませんでしょうか?コロナウィルスの治療法がないからです。
治療法がないことで、コロナウィルスの病気に侵されたままの状態になり、体内の免疫細胞は活性化している状態なったままの原因になるからです。そんな状態で続いていくとヘルパーT細胞は生存率を増強するサイトカインの分泌が過剰生産されて、全身炎症になりやすくなります。特に、新型コロナウィルスの場合は、短期間で増強さられる原因になっているようです。

全身炎症になると様々な症状が現れます。全身炎症の症状は、悪寒、発熱、頭痛、関節痛、呼吸困難、眩暈、体力減少、脱力感、動悸、吐気になります。最後は、体を動けない状態になるので救命されない限り死亡します。
サイトカインによる全身炎症は、2つのタイプがあります。ウィルスに侵された全身炎症の場合は免疫が働きで、寝たきり状態で一日中苦しむようになります。薬品による全身炎症は、一時的に回復されていくようですが、これはバランスが崩れた状態のままなので、元に戻さない限りは毎日繰り返します。サイトカインのよる全身炎症は、自力で治すことはできません。病院に、サイトカインを抑える治療法があるので、医者に報告しないとサイトカインの過剰状態であることを気づかないことがあるので、最悪は風邪と診断されてもおかしくないです。
サイトカインの過剰状態であることを血液検査で判明されます。血液検査は一刻も早く検査されますので、サイトカインの過剰状態は危険な状態であることだと分かっているからです。

 

 

インフルエンザもサイトカイン生産量増加させる

アメリカで流行しているインフルエンザは、死亡者が1万2000人も出ています。インフルエンザはウィルス量が多く、サイトカインの生産量を増加させている原因になっています。インフルエンザは、コロナウィルスと違い空気感染があるので感染は広がりやすいウィルスだと言えるでしょう。
アメリカの場合は、マスクの装着する人が少なく、専門家さえもしても意味がないと話題されて、深刻な問題になっています。インフルエンザの治療法はありますが、分裂で増幅を抑えて体外から排出し消滅するまでは、油断はできない状況に感染者が増えてしまう原因も作っています。

 

点滴

誤解してはならない薬品の役割

誤解してはならないのが、薬品で治療できると認識されていますが、ウィルスの撃退はすべて免疫細胞が行うことなので、薬品は抑制、活性化させるなどの役割しかないのです。薬品は毎日に決められた量で飲み続けることが大事です。一気に飲んだところでサイトカインの過剰生産になってしまうので、医師からの指示を従わないといけません。

 

 

サイトカインによる全身炎症の治療法

サイトカインの治療法は、投薬が一般的で作用は、サイトカインの作用をブロックするようになり、血液検査で増幅を抑えているかを判断します。これは、毎日に治療を続けていくことになります。前に言ったように、サイトカインの過剰状態は、自力で治せないので病院で抑えてもらうしかありません。
ウィルスの侵入や薬品の過剰に飲み過ぎの原因で、全身炎症になりやすいサイトカインの分泌で、ニュースではウィルスのせいで死亡者が出たとなっていますが、すべては自分の体に起こった原因も含まれていることを知っておくといいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。