海外旅行の保険

もしも、海外旅行で病気やトラブルになってしまったら?

海外旅行で怪我や病気になったら、病院で治療を受けて治すことが大事ですが、海外では高額で請求されることがあります。アメリカの医療では、救急車を呼んだら$2000ドル(約20万円)もかかり、妊娠出産の費用が$35000ドル(約350万円)もかかります。
医療を無料で受けられる国もあり、保険で負担を減らすことが出来る国もありますが、全ては国民として加入しないと補償はしてくれません。

 

 

海外旅行で医療やトラブルの補償する保険がある

日本では、国民は保険の加入は義務されていて、保険が効く医療料は3割だけ負担がかかります。その保険は国内だけ使えるもので、海外では使えません。
そんな、海外に渡航する人の為に、トラブルなどあった場合に補償してくれる保険があります。日本ような治安が良いという訳でないので、もしもの時に加入しておけばプランによって補償はしてくれるようになります。

 

保険は加入するべき?

海外の国を日本人にとっては未知という感覚を抱きます。だから、海外旅行に行きたい人は憧れます。
しかし、海外では必ずしも安全と言えません。海外の人から日本人を見ると、大金持ちだと思われるので狙われやすいようです。自分が日本人だからと言っても、相手から見てもただの人です。何故なら、日本人というのは飾りしかならないので、すべては平等で起こることは起こる、起こらなければ起こらないだけのことです。

 

保険にはプランで補償が決まる

保険に加入する前に、どこからどこまでも補償になるかプランがあります。どのプランに入るかは、海外で起こる出来事を予想しなくては決まりません。自分を守れるなら守れる、守れないなら補償にしてみてはどうかも考え方もあります。ただ、故意に危険に繋がる所で行くようなことしても調べてしまえば分かりますので、補償はされませんので注意です。