マスクは本来の使い道は防止ではなく拡散しないように作られている

マスク

元々、マスクは外部からの細菌やウィルスの侵入を防ぐ為に作られているものではありません。人の内部から飛散する、唾液などの細菌を拡散するのを防ぐ為に作られています。

マスクを購入する時に、パーケージを見ていると99%という数字が書かれています。100%にしてしまうと完全に防げれると認識してしまうので、あえて99%という確率にしているのです。

では、残りの1%はどのような物なのかというと、外部からの侵入だけは防ぐことができていないとなっているのです。

 

ウィルスの大きさは人の細胞と同じサイズ

ウィルスは自己分裂ができないと言われています。そのために、分裂機能がある他の細胞に取り付いて、遺伝子を送り込むことで分裂させていくのがウィルスの感染する特徴です。他の細胞に取り付くなら、ウィルスの大きさはナノサイズだということが分かります。

ナノサイズに近いウィルスは、マスクなどで侵入を防ぐことはできないと断言できるでしょう。乾燥した状態のナノサイズでは、簡単に通り抜けてもおかしくありません。だから、マスクのパーケージには99%と書かれているのです。医療用ではない市販のマスクでは、ウィルスを防ぐことは難しいと言えます。

ウィルスのサイズは、このようになっています。

インフルエンザウイルス:約0.1-0.12μm
結核菌などの細菌:約0.5-0.6μm
PM2.5などの大気中に漂う物質:約2.5μm
せき・くしゃみで飛び散るウイルス:約3-5μm
花粉:約20-40μm  ※1μm=1mmの1000分の1

外部から侵入するウィルスは、約0.1μmぐらいで、人の内部から飛散するウィルスは約3μmも大きくなっていますね。これは内部からだと、水含んだ状態で飛散すると見ていいでしょう。水含んだウィルスは、マスクで防ぐことが出来るサイズになっているから、工場で働く人はマスク装着の義務にされているのです。

他にも99%という理由があります。マスクを装着しても完全に防げている訳ではなく、正しい装着しないと僅かでも漏れている状態の事もあります。

 

マスクを作る必要な素材は様々で綿がメイン

マスクを作る素材は布など使用しますが、元は綿で作られているものです。綿の中を拡大すれば、細かく線に複雑になっていますが、僅かな隙間があればウィルスは通り抜けてもおかしくないです。100%という過信していくものではないと思い込みで、人混みしている場所に行かない方が良いです。

日本では、ティッシュやトイレットペーパーが不足するというデマが流れていて、買い求めている人が多く品切れが続いていきました。ティッシュやトイレットペーパーの原料は、木やリサイクルで作られていているもので、品切れが続いた原因は物流という、トラックが運べる容量の限度があって他の商品があることで、多くの物を運べることができないのです。これらは、思い込みでの発言で、デマにしてしまったと結果になりました。買い求める人が多く、ティッシュやトイレットペーパーの原料であるのに関わらず、知識がない行動で起きた原因もあります。

このようなデマで、多くの転売者が行動を起こすことになり、マスクやティッシュやトイレットペーパーを高額にして転売するということが起きていました。彼らは救済と言いながら、代行者としてやっていると発言していますが、救済という言葉は無償に救助するものであると意味になっているものです。マスクやティッシュやトイレットペーパーなどを高額にする価値は、彼らには権利があるわけがないのに関わらず、生産している会社が決める値段に権利を侵害していると思っていないようです。これらの行動は、マスクなどの商品としての値上がりしてもおかしくないと言えていますよ。値上がりしたら転売者のせいと思われてしまいますね。

マスクの性能を過信せずに、防ぐというよりも感染の確率を下げていると思って、マスクを装着してもいいかもしれません。医者や専門家では、確率が変わらないと言っていましたが、それでも運が良ければという気持ちを持っていいかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。