春に咲く桜に魅了される人が映えすると感動する

八重桜

春になる頃には、桜が咲く季節になっていくようになり、朝のニュースでは話題しています。桜が咲くと、花見をしたりに映えする写真を撮る為に、多くの人が訪れてきます。

桜を咲かせていくと、落ちていく花びらが舞うと、誰もが魅了される桜の絶景です。しかし、桜を見る為に訪れている海外からも人気があるので、マナーを守らなければなりません。やってはいけない事をされると、周りから白い目を見られたり、SNSなどで公開されて批判されてしまう恐れもあります。

桜は、咲かせる花びらを見て楽しむもので、枝を折ったり、登ったりしていくものではないものです。木には命があり、桜の木は病気になりやすいものなので、傷つけて感染しやすいようになりと、桜は咲くことがなく枯れてしまいます。

 

 

桜

人気が高い桜は管理は難しい

桜は中国から、日本に渡って植えて咲かせてきたのが歴史があります。品種を重ねて様々な桜の木ができて、ピンク色に鮮やかな色に感動する人が多く魅了されていく人気になりました。

有名なのが、ソメイヨシノという桜が海外からも人気があり、ソメイヨシノは日本の原産地になっていますが、日本のソメイヨシノはシダレダクラを母系、オオシマザクラを父系とし、数百年前に人為的な交配を通じて作られた雑種であることが分かっています。ゲノム解析で解明された結果ですので、信憑性が高いと思います。

ソメイヨシノは病虫害にかかりやすい桜で、管理するには気を付けなければなりません。放置されると最後には枯れてしまうことになり、やがてなくなります。気づいた時には、手遅れになると、治すというのは難しいと言われています。

 

 

桜の並び

木のお医者さんの専門家がいると知っていましたか?

一見に木を見ても、病気なのか?と気づくことは簡単ではありません。それを一目で見て、病気なのか判断できる専門家は樹木医と呼び、天然記念物のような巨樹・名木から街路樹や庭木などの身近な樹木まで、傷んだり病気になった樹木の診断と樹勢回復、さらには樹病の予防や後継樹の、保護育成などに携わる専門家です。

桜の木だけではなく、他の木を見てくれている樹木医は、合格率20%で資格を得るには大変難しい専門家です。

 

 

 

桜の木は見て楽しむもの

桜の花びらは、ピンク色に綺麗に咲きますが風で舞う花びらを見ると、もっと綺麗に見惚れてしまうほどです。このような光景を目にした人は、記念に桜の枝を折って持ち帰る行動を起こすこともあります。

桜の枝を折ると、木という立体のバランスが良くない為、折れた部分を見た人は怒ることもあります。それだけ、桜の木は日本人にとっては大事だということが、全国に広がっているのです。

 

 

 

八重桜
八重桜 花びらが多いのが特徴

桜という木は様々な種類がある

日本で咲く、桜の木の種類はたくさんあります。いくつかの名前を説明しても覚えて行くのは困難ですが、共通する所はピンクの色だということです。他にも白の色もありますが、形が特徴をとらえておけば分かりやすいです。

ピンク色の花びらを見ると、桜というイメージが浮かびますが、名前が気になった場合は木の皮やつぼみで見分けができるようです。上の画像は八重桜と言われて、花びらの枚数が多いのが特徴です。

桜が咲くと、花見というイベントが開いて集団で食事会をしたりするのが、日本の伝統と言われています。お酒で飲み明かすこともありますが、飲み過ぎて警察にお世話にならないようにしましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。