北海道のキノコ王国がコロナウィルスの影響でも人気が高い

きのこ王国

北海道の伊達市大滝区にある本店のきのこ王国は、コロナウィルスの影響でも訪れる人は多く人気があります。ソーシャルディスタンシングを徹底的しており、商品を購入したり食事をしている人がいます。

きのこを栽培しているのは、小さく細いなめ茸やシイタケなどを加工して販売しています。なめ茸を販売している商品には、様々な味がありニンニクや明太子の組み合わせで、一味を違った味わいを楽しむことができます。

 

きのこ王国は支笏湖を通して大滝に向かえば行ける

千歳市から支笏湖に向かう方向で大滝という案内板に表示されています。札幌市から行くとかなり遠回りになるような感じなので、きのこ王国に行きたいなら飲み物やトイレも考えて行くほうが良いです。

きのこ王国の周辺では、高速道路はないので通常の速度で行くしかありません。ただ、信号が少なく山道なのでスピード速度に注意が必要です。

 

きのこ王国

訪れる人が多いきのこ王国の人気

きのこ王国に到着すると、駐車場があるので多くの車が止まっています。コロナウィルスの影響だと思えないほど、人が訪れています。

きのこ王国では食事をしたり、アイスクリームも販売されています。商品には茸を使用したなめ茸が売られていて、豆腐やごはんに合うようです。

なめ茸

きのこが好きなら、一度は訪れてみたい気がしますね。食べたことがない人にお土産を一つするものありです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。