アメリカ大統領選で勝敗の後始末に次期大統領のバイデン氏の決定に不安

2020年のアメリカ大統領選で、次期大統領はバイデン氏となる確実だと各メディア達は考えている。現アメリア大統領であるドナルド・トランプ氏は敗北を認めていないようで、不正があったと発言している。

 

ドナルド・トランプ大統領が敗北する後始末

ドナルド・トランプという男性は、大統領として発言や強気な態度でアメリカ大陸を動かしていることは間違いない。様々な行動からトランプ氏を見ると、経済が詳しい貿易や企業の相手に制裁を加えるほどの力があった。スパイ行為に不正を働く中国やロシアの相手をして制裁を与える実行を行われているのが一番の実績だろう。

経済的な知識があったが、他の知識は乏しいと見える。世界各国の環境問題を取り組む参加国から脱退すると発言し、二酸化酸素による気温が上昇していることの環境問題の事を気のせいだと思っているようだ。

トランプ氏が敗北したら、待っているのは逮捕に刑務所行きになるかもしれない。トランプ氏は大統領であって逮捕される事はない決まりがあるので、今までの税の支払いなどの問題から逃れている。これらの罪は消える事なく保留と見ていい。

 

次期大統領バイデン氏の決定に不安

大統領選でバイデン氏の勝利をすれば、次期大統領となるが不安もある。バイデン氏は大統領選での盛り上がりで強気に見えているが、普段の場合はどうだろうか?

ドナルド・トランプ氏みたいな大統領として発言力や実行力あるかは分からないが、バイデン氏には軽度の認知症の疑いがあり、孫を息子と間違える事があった。大統領として国を動かせるような人だと良いが、バイデン氏を大統領として選んだ国民も責任があっても良いだろう。

中国やロシアの相手や経済的な事は、今後の行動次第で見てから期待を持つかもしれない。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。