普段の仕事で役職についても給料は上がるのか?

仕事考える・悩む

毎日、繰り返す仕事をやりこなしていたとしても、通常という変わりない仕事の内容で、いつか給料は上がるという思い込みはやめたほうがよい。たとえ、役職に就いたとしても何かの成果もなく会社の利益とならないものは、給料のアップはないと思ったほうがいい。

日本では、就職するのは当たり前だと思っている人が多く、資格の習得や経済的な事を学ぼうとしない人は、給料だけが頼りになってしまう。そのような人は会社にとっては、いてもいなくてもリストラや退職という対象となり、給料は上がるというのは以前の問題である。

人手不足の状況に雇われていたとしても、それは一時的なことであって日本の補償という甘えた社会に、頼りにすると危機感がなく仕事の成果を上げるという気持ちが生まれず、給料上げて欲しいという希望は叶うことはないと言える。

 

就職や転職を探すにはハローワークだけでは損する

資格を得て、それに合った仕事を転職すれば、会社から提示された給料を希望道理に貰える事ができる。就職や転職で仕事を探す時に求人票に書かれた内容と違うこともある場合もある。求人票に給料を高くすれば、人は集まると思われている。

虚偽記載は罰則はありますが抑止になっていないので、自分で考えて決めなければならない。虚偽記載して気付いたら、すぐやめるのは普通でやめない人はその程度しか考えていないと自覚したほうが良い。

やめなくても、会社自体は倒産の可能性があると見ていい。仕事を探す所はいくらでもある、その違いを気付かない人は多いと言える。

「手取り14万円で贅沢出来ない…日本終わってますよね?」賃金が下がり続ける日本経済の意外な現状→

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。