オメガ3脂肪酸が腫瘍の発達を阻害する効果のメカニズムを発表

ガン腫瘍を破壊するメカニズムが確認された

オメガ3脂肪酸は人の体では作ることができない、不飽和脂肪酸、a-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸が含まれている。

これらの脂肪酸は魚類が持つもので青魚を食べるなどで取ることができる。

オメガ3脂肪酸はDHAとEPAと表すものであり、サプリメントなどに目につくことがある。ベルギーにあるルーヴァン・カトリック大学の研究チームは「DHAは、1日最低250mgを摂取するのを推奨されています。」

現在の人々は1日あたり50~100mgしかDHAを取っていないことや魚嫌いもいるそうだろう。苦手な人や毎日食べ続けるのが億劫となる場合は、サプリメントで摂取するもの方法の一つだろう。