ワクチンはウィルスを弱めた物や抗体を作られた物で遺伝子操作や不妊になる事はありえない

ワクチンは遺伝子操作や妊娠できないという物ではなく、あくまでも免疫細胞に情報を与える役割しかない。

2020年から猛威に広がったコロナウィルスの脅威は、世界中に広がり死者が増え続けている。このような事があってから緊急でワクチンの生産を早めてしまうことになった。

コロナウィルスの抗体が見つからず、別の方法でワクチンを生産することになり、ウィルスを弱めた状態で打つことになる。

2021年5月にコロナウィルスの増強する抗体を見つかっており、ワクチンにするには先だと言える。

 

 

コロナウィルスの特徴を見ればデマにした遺伝子操作や不妊になる事はあるわけないと分かる

コロナウィルスの特徴は、感染力、分裂が早いなど上げる研究チームが判明している。元々ウィルスとは分裂能力がない為、分裂できる細胞に取り付きウィルスの遺伝子を入れて自分の分身である仲間を増やす。

これらの特徴を捉えて、増やさず感染を抑えるのをワクチンが作られる。コロナウィルスに対するワクチンは、元はコロナウィルスから作られている。遺伝子操作や不妊になる事はコロナウィルスの自体を操作しなければならない、もし操作したなら人類は全滅する脅威になる。

実際、死者が増えて続けているから現実に近い。

 

 

ワクチンの副作用は生活や食事で持病になった人がリスク上がる

副作用は血管の詰まりや熱が上がったり、痛みだしたりなど情報があるが、どれも一時的で回復している。

持病を持っている人がワクチンを打ったとしても、どうしても副作用は出てしまうのは当たり前なのではないかと思う。生まれ持った持病は別として、生活で持病を持つ人は自己責任で改善しない人には、どうしようもない。

 

病院ベッド

コロナウィルスのワクチンを打たない人は必ず後悔することになる

ワクチンを打たないと決めた人やマスクしなかった人が感染してしまった人は、後から後悔することになっている。

コロナウィルスの感染力は脅威で、感染してしまった人は苦しみや後遺症を持つことになり、周りの家族は仕事にいけない、遊びに行けなくなってしまった。

家族を巻き込んでしまった後悔の記事やYouTubeなど投稿されている。これらは自惚れた結果である。

今も彼らは苦しみ、後遺症に悩まされている。後悔しかなく全身炎症のサインカイトストームは発病してから3日で動けなくなり死亡してしまう。これらはコロナウィルスに対する免疫細胞が起こした暴走である。