VPN(Virtual Private Network)はネットワークでサーバー中継する軍事レベルの個人情報の流出防止

VPNは個人情報の流出、ハッキング、悪意あるバグ、IPアドレスで住所を分からないようにしたり匿名性高い、軍事レベル程の暗号データ化するシステムだ。個人情報の流出で酷い目にあった事や悪意あるバグなどでPCが壊れた事がある人に、酷い目にあったならVPNで守れる。

1800以上もサーバーを持つVPNは、ネットワークを繋げるにはインストールが必要でクリックするだけで簡単に接続をする事ができる。サーバーとの通信のやり取りする事で、PCのセキュリティーに制限かかるかもしれない。制限された場合は許可するか、セキュリティーを停止するもの忘れずに入れなおす必要がある。

間違ってもPC(パソコン)のセキュリティーになると勘違いするようなことは変わりにしてはいけない。VPNのセキュリティーは個人情報やハッキングや悪意あるバグなどから守るが、PCのセキュリティーはあくまでもPCの内部を守る為ので、VPNサーバーに接続しないまま別の回線から送られてきたもの対しては、守れるようになっていない。

VPNのサーバーに接続する事で、プラウザ、メール、情報などはVPNのサーバーに通して検査しながら送られてくる。

VPN

 

IPアドレスが別の位置になる

IPアドレスとは回線の住所となるもので、誰かがIPアドレスを住所となる知識が持っていれば、その場所が分かってしまう。女性や有名人やアイドルなどの人が、自分を守る為にIPアドレスを分からないようにして守るもの一つの手だ。

IPアドレスが別の位置になるのはシステムがやっていることで、元のIPアドレスは記録しないとVPNは宣言しているようだ。ただ、位置が分からないなら悪用しても良いという発想は、やめておいた方が良い。記録しない、第三者に提供しないとは言え、違法に関わった場合は提供しないと言い切れない。

 

 

ネットワークの中継だから海外に繋がりやすい

通常のネットワークは、プロバイダーに通じて繋いでいる。海外の遠い国に繋げようとすると通信が遅くなったり、国によって通信制限されたりする。

VPNのサーバーは海外からの受信や送信の暗号化しながら、海外のネットワークを繋げたいならVPNのサーバーを通して繋げていいよとなる。

VPNの利用者が世界中にいるけど、1800以上のサーバーでは通信速度の不安定はないだろう。不安定あるとしたら、軍事レベルのセキュリティーの処理や混雑でサーバーに負担かかっていることになる。PCの性能や契約したプロバイダー回線速度の影響もある。

無料で接続は可能で体験するものありだろう。有料ではコンテンツ規制および検閲を回避し、世界中のビデオ、音楽、ソーシャルメディア、ウェブサイト、ゲームなどを無制限にアクセスできる。

知識ない人、使い方が分からない人は、自分で分かるまで調べておくか、詳しい人に見てもらう方が良いだろう。