韓国で訴えている慰安婦の存在は売春婦の例えにした小説からの信憑性がないものから始まった

2021年に今も韓国で日本に対して過去の戦争に起きた、慰安婦の20万人を虐殺した事を謝罪するように訴えている。戦争した日本は賠償金を韓国に何年もの支払いを行い、先進国になりつつあった韓国に現在は賠償金の支払いは終了している。ただ、支払った賠償金は韓国政府が独占していて、2021年の今も汚職まみれになっている。

慰安婦とは、売春婦と言う事もあるが、日本兵が韓国の慰安婦20万人を強姦や虐殺はした事を真実がないと見ている。20万人を強姦していたなら、日本人と韓国人の間に生まれた子供の話題が、今も出てきていない。慰安婦の子供として生まれたと女性がいたが、年齢がおかしくデマだということが分かっている。

 

韓国はベトナム戦争に参加して強姦や虐殺を繰り返しライダイハンという子供が生まれて問題

ライダイハン(ベトナム語: Lai Đại Hàn)とは、ベトナム戦争時韓国人と現地ベトナム人で生まれた子供を指す。 韓国人兵士による性的暴行により産まれた子供、民間の韓国人父親から生まれた子供がベトナムに置き去りにされた問題となっている。

置き去りされた子供は約2000人で、参加した韓国兵士は韓国では英雄としてみており、今も取り合っていない。

これを見ていると、日本兵が20万人の慰安婦を強姦や虐殺しているなら、子供が沢山いるはずなのにニュースすらない。20万人もいるなら、逃げ出して生き延びる事をあってもおかしくないと思われるが、当時の日本兵は女性や子供を手を出してならない厳しい規律があった。

ベトナム政府は、この問題を訴えておらず、韓国政府は謝罪や賠償金を行っていない。