オセアニア」カテゴリーアーカイブ

オセアニアは、六大州の一つ。大洋州。 一般的な解釈では、オーストラリア大陸、ニュージーランドを含むポリネシア、ニューギニアを含むメラネシア、そしてミクロネシア全体を指す

VPN

VPN(Virtual Private Network)はネットワークでサーバー中継する軍事レベルの個人情報の流出防止

VPNは個人情報の流出、ハッキング、悪意あるバグ、IPアドレスで住所を分からないようにしたり匿名性高い、軍事レベル程の暗号データ化するシステムだ。個人情報の流出で酷い目にあった事や悪意あるバグなどでPCが壊れた事がある人に、酷い目にあったならVPNで守れる。

1800以上もサーバーを持つVPNは、ネットワークを繋げるにはインストールが必要でクリックするだけで簡単に接続をする事ができる。サーバーとの通信のやり取りする事で、PCのセキュリティーに制限かかるかもしれない。制限された場合は許可するか、セキュリティーを停止するもの忘れずに入れなおす必要がある。

間違ってもPC(パソコン)のセキュリティーになると勘違いするようなことは変わりにしてはいけない。VPNのセキュリティーは個人情報やハッキングや悪意あるバグなどから守るが、PCのセキュリティーはあくまでもPCの内部を守る為ので、VPNサーバーに接続しないまま別の回線から送られてきたもの対しては、守れるようになっていない。

VPNのサーバーに接続する事で、プラウザ、メール、情報などはVPNのサーバーに通して検査しながら送られてくる。

VPN

 

IPアドレスが別の位置になる

IPアドレスとは回線の住所となるもので、誰かがIPアドレスを住所となる知識が持っていれば、その場所が分かってしまう。女性や有名人やアイドルなどの人が、自分を守る為にIPアドレスを分からないようにして守るもの一つの手だ。

IPアドレスが別の位置になるのはシステムがやっていることで、元のIPアドレスは記録しないとVPNは宣言しているようだ。ただ、位置が分からないなら悪用しても良いという発想は、やめておいた方が良い。記録しない、第三者に提供しないとは言え、違法に関わった場合は提供しないと言い切れない。

 

 

ネットワークの中継だから海外に繋がりやすい

通常のネットワークは、プロバイダーに通じて繋いでいる。海外の遠い国に繋げようとすると通信が遅くなったり、国によって通信制限されたりする。

VPNのサーバーは海外からの受信や送信の暗号化しながら、海外のネットワークを繋げたいならVPNのサーバーを通して繋げていいよとなる。

VPNの利用者が世界中にいるけど、1800以上のサーバーでは通信速度の不安定はないだろう。不安定あるとしたら、軍事レベルのセキュリティーの処理や混雑でサーバーに負担かかっていることになる。PCの性能や契約したプロバイダー回線速度の影響もある。

無料で接続は可能で体験するものありだろう。有料ではコンテンツ規制および検閲を回避し、世界中のビデオ、音楽、ソーシャルメディア、ウェブサイト、ゲームなどを無制限にアクセスできる。

知識ない人、使い方が分からない人は、自分で分かるまで調べておくか、詳しい人に見てもらう方が良いだろう。

インドネシアの国旗

インドネシアの高速鉄道計画に問題で日本に泣きつく

2015年に着工した、インドネシアの高速鉄道計画は2019年に営業する計画だったはずが、6年経っても延期になり完成せずに様々の問題が報道されていた。

様々な問題とは、高速鉄道の開発による影響で環境問題の水質汚染、大気汚染、洪水が起きて、周辺の住民の建物がひび割れる発生するようになっていた。

高速鉄道の工事は中国による、ずざんな管理体制で安くて高速鉄道が手に入ると提示した事でインドネシア政府は、それを受注してしまう事になった。

2021年、現在のインドネシアの鉄道は160キロの速度で約5時間かかる距離で、新幹線が導入されれば2時間半になるだろう。

 

 

お金の為に発注したインドネシア政府

元々、日本が初めに高速鉄道の提案をインドネシア政府に提供されたが、後から中国から安くて高速鉄道を作ると提案されてきた。

それを、インドネシア政府は安い方の中国に発注を向けて日本の高速鉄道は無視された。高速鉄道の技術は、日本が開発した技術で新幹線という物を作り、中国は高速鉄道を日本に頼みこんで、愚かにも中国は自分たちが開発したと特許申請して売りさばこうとした。もちろん特許はされなかった。

そして、日本の高速鉄道の新幹線は1度も事故は起きていない事が素晴らしく、中国は約束を守らず制限速度の300キロを400~600キロに上げて事故を起こしている。中国は事故をなかったことにしていたそうだ。

この事をあったことはインドネシア政府は知らなかったとは言え、あまりにも無策でお金の為に中国に頼みこんだ。

2021年になっても高速鉄道は完成せず、コロナウィルスの影響で遅れているとは言え、環境問題や住民たちに迷惑をかけるような工事は日本ではあり得ない。メンツを大事する他人などどうでもいい体制なのが中国のやり方で、日本に勝ったと見栄を張る事をしている国は信用や信頼はあるのだろうか?

インドネシア政府は、環境問題と費用の増大などで最初から日本に発注すれば良かったと推薦されており、日本からは何をいまさらと飽きられている。

インドネシア政府のイメージは、お金の為に高速鉄道計画で環境問題を発生するのはイメージダウンになるだろう。他国がした事だと言われても中国の本質を知っていれば、このような事になるはずはなかったと皮肉と言える。

ワクチン

ワクチンはウィルスを弱めた物や抗体を作られた物で遺伝子操作や不妊になる事はありえない

ワクチンは遺伝子操作や妊娠できないという物ではなく、あくまでも免疫細胞に情報を与える役割しかない。

2020年から猛威に広がったコロナウィルスの脅威は、世界中に広がり死者が増え続けている。このような事があってから緊急でワクチンの生産を早めてしまうことになった。

コロナウィルスの抗体が見つからず、別の方法でワクチンを生産することになり、ウィルスを弱めた状態で打つことになる。

2021年5月にコロナウィルスの増強する抗体を見つかっており、ワクチンにするには先だと言える。

 

 

コロナウィルスの特徴を見ればデマにした遺伝子操作や不妊になる事はあるわけないと分かる

コロナウィルスの特徴は、感染力、分裂が早いなど上げる研究チームが判明している。元々ウィルスとは分裂能力がない為、分裂できる細胞に取り付きウィルスの遺伝子を入れて自分の分身である仲間を増やす。

これらの特徴を捉えて、増やさず感染を抑えるのをワクチンが作られる。コロナウィルスに対するワクチンは、元はコロナウィルスから作られている。遺伝子操作や不妊になる事はコロナウィルスの自体を操作しなければならない、もし操作したなら人類は全滅する脅威になる。

実際、死者が増えて続けているから現実に近い。

 

 

ワクチンの副作用は生活や食事で持病になった人がリスク上がる

副作用は血管の詰まりや熱が上がったり、痛みだしたりなど情報があるが、どれも一時的で回復している。

持病を持っている人がワクチンを打ったとしても、どうしても副作用は出てしまうのは当たり前なのではないかと思う。生まれ持った持病は別として、生活で持病を持つ人は自己責任で改善しない人には、どうしようもない。

 

病院ベッド

コロナウィルスのワクチンを打たない人は必ず後悔することになる

ワクチンを打たないと決めた人やマスクしなかった人が感染してしまった人は、後から後悔することになっている。

コロナウィルスの感染力は脅威で、感染してしまった人は苦しみや後遺症を持つことになり、周りの家族は仕事にいけない、遊びに行けなくなってしまった。

家族を巻き込んでしまった後悔の記事やYouTubeなど投稿されている。これらは自惚れた結果である。

今も彼らは苦しみ、後遺症に悩まされている。後悔しかなく全身炎症のサインカイトストームは発病してから3日で動けなくなり死亡してしまう。これらはコロナウィルスに対する免疫細胞が起こした暴走である。