南アメリカ大陸」カテゴリーアーカイブ

全体が西半球にあり、大部分が南半球にある大陸。南米ともいう。
南米大陸には12の主権国家が存在している。

燃料棒

中国・台山原発「燃料棒の破損で放射性物質の濃度上昇」と判明

中国政府の言うことは信用できるのか?

原発の燃料棒が破損したことで放射性物質の濃度が上がっている事が、アメリカのCNNテレビが報じました。

中国政府は冷却材の放射性物質の濃度が上昇したが、安全運転の基準を満たしていると発表している。

中国政府は過去に、南シナ海を軍事利用ではないと人工島を埋め立てて、しっかりと軍事利用している事や、コロナウィルスの感染を隠蔽工作していて、世界中に広めていたという事が数々の偽りを行っている。

彼らは都合悪い事は、素直に認めたくないメンツを保つ事を、平気で嘘をついて各国に迷惑を重ねていて信用や信頼はないようだろう。

温度計

夏の気温に快適にするには温度と湿度の違いを理解すれば納得

温度と湿度のイメージは違いがある

夏になると気温も上昇して、暑くなる要因は温度と湿度である。温度と湿度を聞いてみていると何が違うとかよくわからない人が多い。

これらを分かりやすくすると・・・

温度 = 暑い・寒い

湿度 = 蒸し・乾燥

となる。

さらに、これらをイメージするならこうなる。

温度 = 暑い・寒い = 熱・凍

湿度 = 蒸し・乾燥 = お湯・水・乾燥

温度は温度計のメーターで度で表すが、湿度は%で表す。湿度は0%~40%が乾燥で、40%~70%が水分が少なく水みたく、70%~100%が水分が多くお湯になる。

一番快適なのが50%前後で涼しく環境に良いと言われている。70%~100%のお湯は、空気に漂う水分が熱に触れお湯みたいなべっとりするようになる。

何故、お湯になるのか?空気中に漂う水分の大きさは小さく、太陽の熱や人の体温にも触れる事も簡単に蒸し暑くお湯になりやすい。

 

どうすれば下げる事ができるのか?

温度や湿度を下げるにはエアコンの除湿か、または外気を入れ替えする。除湿はドライと呼ばれる機能で、室内と室外の空気を入れ替えする。

湿度が上がるのは、籠るのが原因で窓など開けて空気を入れ替えすれば簡単に下がる事ができる。

ただ、室内と室外の温度と湿度が同じで、風が吹いていないと効果はない。

エアコンは湿度下げながら、冷やす事ができる機能がある。自然を任せるか、機械を任せるかは選択を迫られる事になりそうだ。

中国の旗

コロナウィルスの起源は国によるものではなく動物を食した原因

中国、またコロナ起源説否定…「インド・バングラデシュで発生の可能性」

コロナウィルスを持つ、蝙蝠を食べた人は多くいる。蝙蝠という生態を知らない人には、食べ物だと認識することがある。

貧しい人には教育もなく知識も乏しいため、情報を得られても考えがまとまらないだろう。これらは、人が生んだ格差の差別で生きる為の当たり前しかないという。

中国は富と貧の格差が激しい国で、蝙蝠を食べる動画も出ている。

中国政府は隠蔽する行為が問題であって、起源がどこだろうが関係ないだろう。

中国、またコロナウィルス起源説否定→