オリンピック」カテゴリーアーカイブ

コロナウィルス

コロナウィルスの特徴は分裂が早く重症になる原因は免疫細胞によるもの

コロナウィルスは、致死率は3.2%と言われています。致死率は低く分裂機能を持たないウィルスで、分裂機能がある細胞に取り付き遺伝子を送り込みます。

遺伝子を送り込んだコロナウィルスは、分裂が早く宿主を重症に追い込みます。しかし、重症化にさせたのがコロナウィルスはなく、免疫細胞によるバランス状態が崩れている事になっていると見ていいでしょう。免疫細胞は単純に行動をしているので、命令を下さればそのような行動を起こします。

コロナウィルスが分裂が早く体中に広がっていくと、免疫細胞は生存率を上げる為にサイトカインを物質を出します。サイトカインを受け取った免疫細胞は、攻撃命令と判断されてあらゆるものを攻撃開始します。サイトカインの物質で攻撃を行う免疫細胞は、コロナウィルスだけではなく宿主の細胞や臓器まで攻撃をします。

これらは、サイトカインストームと呼ばれていて誰でもなる症状です。一度でも発病したら収まることなく死ぬまで苦しんでいきます。治すには病院で点滴を長時間受けなければ収まることがありません。

サイトカインストームだけではなく、コロナウィルスの分裂を止めない限り続くことになり治療が難しくなっている状態です。2020年に未だに治療法があっても確定しておらず、分裂を止める方法を探し出しているようです。

 

コロナウィルスは免疫細胞のTヘルパー細胞の機能を停止させる能力があるではないかと研究者が言われていますが、免疫細胞を停止させたらコロナウィルスだけではなく、他のウィルスを感染してもおかしくないかと疑問です。

マスク

マスクは本来の使い道は防止ではなく拡散しないように作られている

元々、マスクは外部からの細菌やウィルスの侵入を防ぐ為に作られているものではありません。人の内部から飛散する、唾液などの細菌を拡散するのを防ぐ為に作られています。

マスクを購入する時に、パーケージを見ていると99%という数字が書かれています。100%にしてしまうと完全に防げれると認識してしまうので、あえて99%という確率にしているのです。

では、残りの1%はどのような物なのかというと、外部からの侵入だけは防ぐことができていないとなっているのです。

 

ウィルスの大きさは人の細胞と同じサイズ

ウィルスは自己分裂ができないと言われています。そのために、分裂機能がある他の細胞に取り付いて、遺伝子を送り込むことで分裂させていくのがウィルスの感染する特徴です。他の細胞に取り付くなら、ウィルスの大きさはナノサイズだということが分かります。

ナノサイズに近いウィルスは、マスクなどで侵入を防ぐことはできないと断言できるでしょう。乾燥した状態のナノサイズでは、簡単に通り抜けてもおかしくありません。だから、マスクのパーケージには99%と書かれているのです。医療用ではない市販のマスクでは、ウィルスを防ぐことは難しいと言えます。

ウィルスのサイズは、このようになっています。

インフルエンザウイルス:約0.1-0.12μm
結核菌などの細菌:約0.5-0.6μm
PM2.5などの大気中に漂う物質:約2.5μm
せき・くしゃみで飛び散るウイルス:約3-5μm
花粉:約20-40μm  ※1μm=1mmの1000分の1

外部から侵入するウィルスは、約0.1μmぐらいで、人の内部から飛散するウィルスは約3μmも大きくなっていますね。これは内部からだと、水含んだ状態で飛散すると見ていいでしょう。水含んだウィルスは、マスクで防ぐことが出来るサイズになっているから、工場で働く人はマスク装着の義務にされているのです。

他にも99%という理由があります。マスクを装着しても完全に防げている訳ではなく、正しい装着しないと僅かでも漏れている状態の事もあります。

 

マスクを作る必要な素材は様々で綿がメイン

マスクを作る素材は布など使用しますが、元は綿で作られているものです。綿の中を拡大すれば、細かく線に複雑になっていますが、僅かな隙間があればウィルスは通り抜けてもおかしくないです。100%という過信していくものではないと思い込みで、人混みしている場所に行かない方が良いです。

日本では、ティッシュやトイレットペーパーが不足するというデマが流れていて、買い求めている人が多く品切れが続いていきました。ティッシュやトイレットペーパーの原料は、木やリサイクルで作られていているもので、品切れが続いた原因は物流という、トラックが運べる容量の限度があって他の商品があることで、多くの物を運べることができないのです。これらは、思い込みでの発言で、デマにしてしまったと結果になりました。買い求める人が多く、ティッシュやトイレットペーパーの原料であるのに関わらず、知識がない行動で起きた原因もあります。

このようなデマで、多くの転売者が行動を起こすことになり、マスクやティッシュやトイレットペーパーを高額にして転売するということが起きていました。彼らは救済と言いながら、代行者としてやっていると発言していますが、救済という言葉は無償に救助するものであると意味になっているものです。マスクやティッシュやトイレットペーパーなどを高額にする価値は、彼らには権利があるわけがないのに関わらず、生産している会社が決める値段に権利を侵害していると思っていないようです。これらの行動は、マスクなどの商品としての値上がりしてもおかしくないと言えていますよ。値上がりしたら転売者のせいと思われてしまいますね。

マスクの性能を過信せずに、防ぐというよりも感染の確率を下げていると思って、マスクを装着してもいいかもしれません。医者や専門家では、確率が変わらないと言っていましたが、それでも運が良ければという気持ちを持っていいかもしれませんね。

ラーメン横丁

ラーメン横丁で競争激しいラーメンの美味さに感動!

ラーメンのお店には売上に目指す為にこだわり過ぎるほどの美味いラーメンを作る

ラーメン横丁では、普通のお店に見えていますが、実は売上を目指す為に美味しいラーメンを作らなければならない所です。その為に、こだわった食材を使用して美味いラーメンを作るのを欠かせないことが多いので、より良い美味しさのラーメンを作り上げていきます。

ラーメンには様々な味があって、個人差の好みがありますが、意外と合います。味噌、醤油、バター、塩、バターコーン、キムチ、梅塩に他にもあって、どの味するかを楽しむことが出来ます。

 

 

ラーメンメニュー

店内は狭く保管できるものが限りがあるため、ラーメンだけで満腹になるお店もある

ラーメンと言えば、安く食事できるイメージがあります。値段が高いものには、トッピングされている食材が多く満腹感が得られます。サイドメニューの代表的な餃子や炒飯もあったら嬉しいいですが、店内では狭いので食材を保管できるものが限られているようです。

メニューを頼むには機械のチケットを買って頼みます。機械の画面には、言語の選択があります。日本語、英語、中国語もあったようで海外から、ラーメンを食べる為の人にも便利になっています。チケットを買う前に、メニュー欄を見て決まってからチケットを買いましょう。チケットを買い求める人がいると待ち時間させてはいけません。

 

 

香煎味噌チャーシュー麺

香煎味噌チャーシュー麺を頼んでみた

滅多に食べることがないので、値段高めの香煎味噌チャーシュー麺を頼んでみた。どんぶりが来るまでは10分~15分ぐらいかかって、美味そうな盛り合わせにしているので、ワクワク感があります。

 

香煎味噌チャーシュー麺

汁が濃いように見えて、香煎の粉が振りかけているのが見える。ここまでのラーメンは、値段にしては高めになるのが納得になります。

何よりも、北海道の小麦粉から作られた麺がラーメンとの組み合わせが美味さが増幅して期待できることです。北海道の小麦粉は特化しているのが有名で、食材としては値段が高いもの有名です。これを麺にして食べると、コシとハリが凄く感触が伝わってきます。

 

 

香煎味噌チャーシュー麺

汁まで残さず食べた感想は満腹で一言でつきる

香煎味噌チャーシュー麺を食べて見ると、麺に汁が絡みつくようにさっぱり感があって、薄い味噌の味が広がります。卵に肉と一緒に食べるもの美味しいです。

最後に汁を飲むと、味噌が濃く感じられてキツイ味ではなかったので、スムーズに飲み続けていけました。濃い味が口に残っているので、お水一杯を飲み干していくと幸福感と満腹感が得られます。

日本のラーメンの料理は中国から伝えられて、ラーメンの美味しさが進化していて人気高いラーメンは、行列になることが日本人が求められている味です。