カメラの魅力」カテゴリーアーカイブ

写真の構図

SNSに人気を得たいなら写真に構図を考えて見よう

雑誌に載るプロカメラマンは、構図で雰囲気を出す撮影方法で行っています。構図とは、三分割構図という縦と横に三分割して、その線に沿わせるように水平線や垂直線を配置したり、その線の交差する所に画面の主となることです。要は、被写体を画面の主として配置を決めることです。

三分割構図の方法は、安定でバランスよく効果的な構図を見せることができますが、構図は一つだけではありません。他にも、放射構図、点構図、日の丸構図、対角線構図、二分割構図や色々あります。これらを意識しながら写真を撮ることによって、プロと言いませんが雰囲気がある写真になることもあります。

SNSなどの映えする人気が高いのは、構図のおかげだと言えてもおかしくはありません。ただ、構図だけではなく撮影方法も異なり、構図だけの写真は良くない事もあります。

 

 

放射構図

放射構図は道が奥行きする写真

奥から放射線のように奥行きする構図です。放射構図は、または消失点構図と呼ばれているので、広角レンズで撮影することができます。このような写真は、雑誌に良く載せているのが多く、季節に合わせた背景に利用が多いです。

広角、超広角レンズで撮影できるものですが、標準レンズような全体を写すのが難しく、広く写らなければ放射線のような奥行きする、秩序が生まれません。

 

二分割構図

 

二分割構図は水平線の二つの被写体を二分割したように見える写真

二分割構図は、画面を上下または左右に分けた構です。水平線をちょうど中央に配置したように、主に風景写真に使われます。

風景を撮る時に、構図のことをどうしても意識できずに、撮影してしまうことが良くあります。何故なら、良い風景を感動的になってしまい、構図というのを忘れてしまいがちになることもあります。

 

 

構図は主題にするもの何かを写すもの

写真は、主題するものがなければ周りから見ても、何の写真なのかを分からないものです。言葉で伝えると主題するものが分かりますが、写真で伝えるなら構図で主題が、ハッキリすれば分かってしまうものです。

あくまでも構図というのは、手段で写す枠の中に何を入れるか、何を省くのかを考えることで、構図というものが生まれてきます。省くというのは、枠の中に多くの物を写し出すと、情報が多すぎているので、邪魔なものを写らないように移動しながらか、ボケで和らげるかのテクニックもあります。

こうした、構図を考えるプロカメラマンは、意識しながら撮影をして雑誌に載せて、何気もなく見ていても誰でも分かってしまうのです。学んで知識を持てば、SNSなどの映えした投稿で、人気が上がるかもしれません。

ラーメン横丁

ラーメン横丁で競争激しいラーメンの美味さに感動!

ラーメンのお店には売上に目指す為にこだわり過ぎるほどの美味いラーメンを作る

ラーメン横丁では、普通のお店に見えていますが、実は売上を目指す為に美味しいラーメンを作らなければならない所です。その為に、こだわった食材を使用して美味いラーメンを作るのを欠かせないことが多いので、より良い美味しさのラーメンを作り上げていきます。

ラーメンには様々な味があって、個人差の好みがありますが、意外と合います。味噌、醤油、バター、塩、バターコーン、キムチ、梅塩に他にもあって、どの味するかを楽しむことが出来ます。

 

 

ラーメンメニュー

店内は狭く保管できるものが限りがあるため、ラーメンだけで満腹になるお店もある

ラーメンと言えば、安く食事できるイメージがあります。値段が高いものには、トッピングされている食材が多く満腹感が得られます。サイドメニューの代表的な餃子や炒飯もあったら嬉しいいですが、店内では狭いので食材を保管できるものが限られているようです。

メニューを頼むには機械のチケットを買って頼みます。機械の画面には、言語の選択があります。日本語、英語、中国語もあったようで海外から、ラーメンを食べる為の人にも便利になっています。チケットを買う前に、メニュー欄を見て決まってからチケットを買いましょう。チケットを買い求める人がいると待ち時間させてはいけません。

 

 

香煎味噌チャーシュー麺

香煎味噌チャーシュー麺を頼んでみた

滅多に食べることがないので、値段高めの香煎味噌チャーシュー麺を頼んでみた。どんぶりが来るまでは10分~15分ぐらいかかって、美味そうな盛り合わせにしているので、ワクワク感があります。

 

香煎味噌チャーシュー麺

汁が濃いように見えて、香煎の粉が振りかけているのが見える。ここまでのラーメンは、値段にしては高めになるのが納得になります。

何よりも、北海道の小麦粉から作られた麺がラーメンとの組み合わせが美味さが増幅して期待できることです。北海道の小麦粉は特化しているのが有名で、食材としては値段が高いもの有名です。これを麺にして食べると、コシとハリが凄く感触が伝わってきます。

 

 

香煎味噌チャーシュー麺

汁まで残さず食べた感想は満腹で一言でつきる

香煎味噌チャーシュー麺を食べて見ると、麺に汁が絡みつくようにさっぱり感があって、薄い味噌の味が広がります。卵に肉と一緒に食べるもの美味しいです。

最後に汁を飲むと、味噌が濃く感じられてキツイ味ではなかったので、スムーズに飲み続けていけました。濃い味が口に残っているので、お水一杯を飲み干していくと幸福感と満腹感が得られます。

日本のラーメンの料理は中国から伝えられて、ラーメンの美味しさが進化していて人気高いラーメンは、行列になることが日本人が求められている味です。

ラーメン横丁

ラーメン横丁で競争激しいラーメンの美味さに感動!

日本の北海道に来たら、ラーメンの料理は外せないのが海外では有名で一度は食べてみたい所です。北海道ならで食材のこだわりが素晴らしく、美味い料理を生み出してしまうようです。麺は小麦粉から作り出しているので、北海道の小麦粉は特化していることでラーメンに合うようです。

麺は消化が早くて、汁まで飲むと満腹感と幸福感を味わえるようになり、北海道は寒い所なので、暖かいラーメンが一番です。

 

車で千歳空港から2時間

千歳空港から、札幌までは車で約2時間かかります。北海道は雪国と呼ばれているので、夏はスムーズに行けますが、冬では雪や除雪による道が狭くなるため時間がかかることがあります。

特に朝と夕方の5時以降は渋滞も予想されます。その時間帯は仕事に行く人や終わって帰る人が多いためです。札幌では人口が密集しているので、運転が未熟な人は怖い所かもしれません。

 

 

札幌は駐車所が多く設置している

札幌は駐車場が多く、札幌駅に近いほど駐車時間の値段が高くなります。狙うなら最大料金がある駐車場がおススメです。最大料金とは、駐車してから12時間や24時間内に、これ以上の料金が上がることはないのが最大料金です。決められた時間が超えてしまうと追加料金されるので、駐車する時は案内板を見てから駐車をした方がいいです。

ラーメン横丁の近くに駐車場がありますが、最大料金は低い方なので止めやすい所です。最大料金が低い所は人気があり、空きがないと考えてた方がいいです。

 

 

ラーメン横丁の細い道

目印は看板で見えづらい細い道がある

ラーメン横丁の看板が見えてきたら、一見にお店に見えてしまうけど、横に細い道があります。近くに行かないと気づかないので、道が間違えたと思うことがあります。

 

ラーメン横丁の道

道が細く見えていますが、狭くはないので人にぶつかるという訳はないです。走っていくとぶつかるかもしれませんが、乗り物の移動は危険になります。海外から旅行者もいるので迷惑かけないようにして進みましょう。

道にすれ違う時に外国の方から、いきなり話しかけられてくるかもしれませんが、案内板があると英語で言うとガイドと答えるだけで十分かもしれません。

 

 

ラーメン横丁の案内板

ラーメン横丁の案内板に詳しい食材の説明がある

ラーメン横丁の案内板は入口から入ってからあります。ラーメンを作るお店がたくさんありますが、休みしているお店もあります。

案内板にはイメージだけではなく、食材のことも書いているので、自分の好みで選んでおいた方がよいです。滅多に食べられないラーメンがあると、一度食べてみたいと思ってきますね。