アメリカ」タグアーカイブ

仕事考える・悩む

普段の仕事で役職についても給料は上がるのか?

毎日、繰り返す仕事をやりこなしていたとしても、通常という変わりない仕事の内容で、いつか給料は上がるという思い込みはやめたほうがよい。たとえ、役職に就いたとしても何かの成果もなく会社の利益とならないものは、給料のアップはないと思ったほうがいい。

日本では、就職するのは当たり前だと思っている人が多く、資格の習得や経済的な事を学ぼうとしない人は、給料だけが頼りになってしまう。そのような人は会社にとっては、いてもいなくてもリストラや退職という対象となり、給料は上がるというのは以前の問題である。

人手不足の状況に雇われていたとしても、それは一時的なことであって日本の補償という甘えた社会に、頼りにすると危機感がなく仕事の成果を上げるという気持ちが生まれず、給料上げて欲しいという希望は叶うことはないと言える。

 

就職や転職を探すにはハローワークだけでは損する

資格を得て、それに合った仕事を転職すれば、会社から提示された給料を希望道理に貰える事ができる。就職や転職で仕事を探す時に求人票に書かれた内容と違うこともある場合もある。求人票に給料を高くすれば、人は集まると思われている。

虚偽記載は罰則はありますが抑止になっていないので、自分で考えて決めなければならない。虚偽記載して気付いたら、すぐやめるのは普通でやめない人はその程度しか考えていないと自覚したほうが良い。

やめなくても、会社自体は倒産の可能性があると見ていい。仕事を探す所はいくらでもある、その違いを気付かない人は多いと言える。

「手取り14万円で贅沢出来ない…日本終わってますよね?」賃金が下がり続ける日本経済の意外な現状→

 

 

コロナウィルス

コロナウィルスの特徴は分裂が早く重症になる原因は免疫細胞によるもの

コロナウィルスは、致死率は3.2%と言われています。致死率は低く分裂機能を持たないウィルスで、分裂機能がある細胞に取り付き遺伝子を送り込みます。

遺伝子を送り込んだコロナウィルスは、分裂が早く宿主を重症に追い込みます。しかし、重症化にさせたのがコロナウィルスはなく、免疫細胞によるバランス状態が崩れている事になっていると見ていいでしょう。免疫細胞は単純に行動をしているので、命令を下さればそのような行動を起こします。

コロナウィルスが分裂が早く体中に広がっていくと、免疫細胞は生存率を上げる為にサイトカインを物質を出します。サイトカインを受け取った免疫細胞は、攻撃命令と判断されてあらゆるものを攻撃開始します。サイトカインの物質で攻撃を行う免疫細胞は、コロナウィルスだけではなく宿主の細胞や臓器まで攻撃をします。

これらは、サイトカインストームと呼ばれていて誰でもなる症状です。一度でも発病したら収まることなく死ぬまで苦しんでいきます。治すには病院で点滴を長時間受けなければ収まることがありません。

サイトカインストームだけではなく、コロナウィルスの分裂を止めない限り続くことになり治療が難しくなっている状態です。2020年に未だに治療法があっても確定しておらず、分裂を止める方法を探し出しているようです。

 

コロナウィルスは免疫細胞のTヘルパー細胞の機能を停止させる能力があるではないかと研究者が言われていますが、免疫細胞を停止させたらコロナウィルスだけではなく、他のウィルスを感染してもおかしくないかと疑問です。

アメリカの貿易

アメリカにコロナウィルスの感染が広がりと死亡者が増えた原因

アメリカにコロナウィルスの感染が広がりつつ、死亡者が増えて続けています。コロナウィルスの感染は簡単に移りやすく、外出さえもしない人は恐怖を震え上がらせています。コロナウィルスによる死亡者の人数が、アメリカが世界でもっとも高く、これらの原因がアメリカならのスタイルが重大な原因にもなっているようです。

アメリカと言えば自由の国とイメージがします。自由だからこそ、ビジネスや裁判などを些細なことでも訴えることも自由とする国です。そんな中に医療とするアメリカは、医療もビジネスだと認識しており、救済するような無料で受けることが難しいとされているからです。

ビジネスとして医療することは、医療料は高額で通常の生活では、とても払いきれる金額ではないとされています。医療保険もありますが、その保険料を支払うもの高額と言われています。

 

自由が生んだ貧富の差で検査も受けられない原因になった

アメリカの病院で検査を受けることができますが、どの検査は高額になっています。これらは全てはビジネスのスタイルの為に、現在は検査を受けられない人が多いと言われています。貧富の差になったのは、自由過ぎる対価とも考えられています。アメリカで稼ぐことが一番だと思われている人が多く、移民として渡航してくる人が多くいます。

貧富の差が生まれたのが、教育の元に知識を学び、経験をしなかった要因になっている為、貧富の差が激しくなり病院の検査を受けられない状況になってしまったと考えられます。アメリカで大金を稼ぐことだけの情報を広がっていき、移民してまで渡ってくる人は教育が貧しい為、貧民になることを決定つけられてしまっていることがあります。

これらの原因で、コロナウィルスに感染したと思われている人がいると検査を受けられず、感染したことを知らずに人と繋がりがある人を感染させてしまったことになっています。

 

 

検査を無料で受けられるようにする議論が行われている

現在は、無料で受けられるように宣言をしている議論をしています。しかし、訴えた人がいても検討するという立場を変えていないようなので、遅すぎる結論いたしていると見ていいでしょう。彼らは無料で行うと良く思っていないようで、死亡者が多くても変えると思えないようです。

国民の死亡者が多いと悲しむ人もいますが、軍事力低下になっている事でアメリカは一大事だということを気づいておらず、遅すぎた結果になったようです。軍事力低下した為、中国は挑発を行いながら、好き勝手してるようです。彼らは自分が良ければ良いと考えた方を持つ人だからです。