治安、危険な国を調べよう」タグアーカイブ

中国の旗

コロナウィルスの起源は国によるものではなく動物を食した原因

中国、またコロナ起源説否定…「インド・バングラデシュで発生の可能性」

コロナウィルスを持つ、蝙蝠を食べた人は多くいる。蝙蝠という生態を知らない人には、食べ物だと認識することがある。

貧しい人には教育もなく知識も乏しいため、情報を得られても考えがまとまらないだろう。これらは、人が生んだ格差の差別で生きる為の当たり前しかないという。

中国は富と貧の格差が激しい国で、蝙蝠を食べる動画も出ている。

中国政府は隠蔽する行為が問題であって、起源がどこだろうが関係ないだろう。

中国、またコロナウィルス起源説否定→

 

北朝鮮の建物

コロナウィルスの影響による独裁者の北朝鮮の暴走

世界中に脅威をもたらした、コロナウィルスの影響による死亡者の人数が増え続けていて、衰えていることは今でもないようです。

そんな状況に、ある国が暴走する恐れがあると言われている、北朝鮮が軍を動かし戦争をするではないのかと監視し続けているようです。北朝鮮は独裁者のよる支配で、国民は餓死されるまでの状況に見舞われています。鎖国な為、外交や交易などは盛んな所ではなく、偽造や不正などが後が絶たない経済的な不安が多い国です。

 

 

他国で外貨を稼ぐことができなくなった

北朝鮮の国を支える経済は国民による労働者で、外国で外貨を稼ぐことが雄一の収入でした。状況が一変に変わり、コロナウィルスの影響による感染者が増えたことで、労働者を雇われなくなり、どの国でも経済的な不安定になっています。隣国であった中国でも閉鎖されて収入がなくなった北朝鮮では沈黙しています。

 

 

食料の救援要請を国際に頼る北朝鮮

国際に頼るしかないと言われていますが、現在は不可能でしょう。コロナウィルスの感染力は、もはや世界中に届いているので、例え食料問題で救援要請をしたところで機能はしないでしょう。

北朝鮮の独裁者はプライドが許さず、他国に頼ることは許せないので最もくだらないプライドなだけで、部下や国民は黙っていくしかないと思っているようです。それだけ、独裁者の恐怖が示されているのです。

 

 

贅沢なことができない独裁者の哀れ

世界中から、贅沢品を購入してきた独裁者は不満な日々を過ごしているでしょう。現在は世界中の国の貿易は制限されていて、厳しい管理になっている状況です。コロナウィルスの感染者が1人でも出てしまうと、そこは閉鎖されることになってもおかしくない厳しい管理になっています。

そんな状況で、北朝鮮の独裁者は、どうしても贅沢品を欲しいと思っているようです。輸送できる船が他国に行っても追い出されるだけなので、まったく機能はしてないようです。

北朝鮮の経済は他国からの借金だらけなので、状況が一変されていると役に立たない状態になっているからです。

 

 

ついに暴走する北朝鮮の軍事行動

北朝鮮の隣国である韓国との外交する建物が爆破されて、ニュースに取り上げられました。これを韓国に脅し、北朝鮮は上だということを示して無償で支援しろと支配することなのでしょう。爆破したことで、原因は韓国にあると一方的な発言で脅しているようです。

しかし、韓国はそれどころではありません。コロナウィルスの感染者が増え続けているので経済は落ち込んでいます。この問題で韓国では人口が減り続けているので、国民の間では子供さえも産むことはない状況です。そんな韓国は、日本を脅しているようです。

北朝鮮に旅行を考えるなら、戦争や外交の人質されることもあるので覚えておいた方がいいでしょう。現在も外国人を強制労働にされている人もいます。

破壊された街

海外旅行に行く前に調べておこう、巻き込まれたら終わりと思うべき!

日本の治安は良いですが、他国は他国で考え方も違う

携帯カメラ

日本にいると治安が良いので、お店の前に簡単に盗れるような場所に商品が置いてあったり、バックや携帯も手元から離してもまず盗まれることは無いでしょう。

それどころか落し物が交番に届けてある事の方が多いはずです。

 

世界には日本ではあまりない犯罪が頻繁に起こる場所もあります。日本人はお金を持っているイメージのある外国の方も多いようです。

 

紛争地なども、簡単にですがご紹介!

紛争地(戦争・内戦・海賊)

戦闘機

  • シリア
  • アフガニスタン
  • イラク
  • イエメン
  • リビア
  • 南スーダン
  • ソマリア

他にもありますが、旅行で行かないと思いますが気をつけてください!

 

 

紛争地じゃなくても危険な国(軍事・窃盗)

手錠

  • ロシア
  • スペイン
  • イタリア
  • フランス
  • ベトナム
  • オランダ

注意点

バックは後ろに背負わない!鍵をかけるなど後ろポケットに財布や携帯を入れない。

自撮り最中にバックを盗られた!

自撮棒ごと盗られた!写真撮影をお願いしたら走って逃げた!なんてことも。

 

現地の人が声をかけて来た、物を落としたなど気をそらして盗むことも!

スリは集団が多いので、人気がない!逆に人が多いなどは危険です。貴重品は簡単に取れれないところに隠しておきましょう!

他にもまだまだ観光客が狙われる国は多いです。観光する際は事前にしっかり調べてください!

 

危険な国(不正逮捕・マフィア)

  • 北朝鮮
  • 中国
  • メキシコ

滅多にありませんが、今でも問題になっており国同士により喧嘩で人質される逮捕者がいます。人権侵害と不正により死刑されたりこともあります。

マフィアの戦争は巻き込まれることもあるかもしれませんが、危険だと思ったら部屋にこもっておいた方が良いでしょう。情報が一番大事ですので、記事などを見てみましょう。

 

もしも、そうなったら?

パスポートなど盗まれた場合は自国の大使館に尋ねましょう。盗まれた時点で楽しい旅行は終わりと思いましょう。

守らなければならないことを疎かした、自分は危険な目に合うことを旅行してはならないからです。自己責任と言います。

政府が何とかしてくれると思っているなら行かない方が良いでしょう。政府が行うのは人間であることと、限界もあります。