流行る病」タグアーカイブ

中国という国は不正、汚職、改ざんで利益を得ようとする国

中国では不正、汚職、改ざん、偽ることが常識

責任と負うのを果たす姿勢は僅かしか見れられないのは、彼らにとってメンツというのが大事で、平気で他人を偽るのが常識だと考えている。

メンツを保つ為に、他国に迷惑や偽りを語り騙しとるのが中国のやり方なのだ。

中国のワクチン有効率を上げたのは、メンツの為に都合悪いものは平気で無かったことにする。

中国は低品質に低価格の売りが信条で、ワクチンも低品質、低価格だから有効率は低い。分かっていれば、購入することもないから見栄を張って偽る。

🇨🇳中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

中国の旗

コロナウィルスの起源は国によるものではなく動物を食した原因

中国、またコロナ起源説否定…「インド・バングラデシュで発生の可能性」

コロナウィルスを持つ、蝙蝠を食べた人は多くいる。蝙蝠という生態を知らない人には、食べ物だと認識することがある。

貧しい人には教育もなく知識も乏しいため、情報を得られても考えがまとまらないだろう。これらは、人が生んだ格差の差別で生きる為の当たり前しかないという。

中国は富と貧の格差が激しい国で、蝙蝠を食べる動画も出ている。

中国政府は隠蔽する行為が問題であって、起源がどこだろうが関係ないだろう。

中国、またコロナウィルス起源説否定→

 

コロナウィルス

コロナウィルスの特徴は分裂が早く重症になる原因は免疫細胞によるもの

コロナウィルスは、致死率は3.2%と言われています。致死率は低く分裂機能を持たないウィルスで、分裂機能がある細胞に取り付き遺伝子を送り込みます。

遺伝子を送り込んだコロナウィルスは、分裂が早く宿主を重症に追い込みます。しかし、重症化にさせたのがコロナウィルスはなく、免疫細胞によるバランス状態が崩れている事になっていると見ていいでしょう。免疫細胞は単純に行動をしているので、命令を下さればそのような行動を起こします。

コロナウィルスが分裂が早く体中に広がっていくと、免疫細胞は生存率を上げる為にサイトカインを物質を出します。サイトカインを受け取った免疫細胞は、攻撃命令と判断されてあらゆるものを攻撃開始します。サイトカインの物質で攻撃を行う免疫細胞は、コロナウィルスだけではなく宿主の細胞や臓器まで攻撃をします。

これらは、サイトカインストームと呼ばれていて誰でもなる症状です。一度でも発病したら収まることなく死ぬまで苦しんでいきます。治すには病院で点滴を長時間受けなければ収まることがありません。

サイトカインストームだけではなく、コロナウィルスの分裂を止めない限り続くことになり治療が難しくなっている状態です。2020年に未だに治療法があっても確定しておらず、分裂を止める方法を探し出しているようです。

 

コロナウィルスは免疫細胞のTヘルパー細胞の機能を停止させる能力があるではないかと研究者が言われていますが、免疫細胞を停止させたらコロナウィルスだけではなく、他のウィルスを感染してもおかしくないかと疑問です。